WEBライティングはSDS法とPREP法で簡潔にわかりやすく!

seo

SEO対策

Choseからの

SEO対策

WEBライティングはSDS法とPREP法で簡潔にわかりやすく!

2022.08.08

WEBライティングは、たくさんのユーザーに評価されるためにとても重要なSEO対策の一つです。
文章の書き方や構成を誤ることでコンテンツの質が落ちてしまい、せっかく制作したWEBサイトはユーザーの目に入らなくなってしまいます。

「結局何が言いたいの?」「だらだらとした説明で飽きてきた...」そんなWEBサイトにしないためには、WEBライティングが重要なのです。
WEBライティングには基本の文章構成である「SDS法」と「PREP法」があります。これらをうまく使い分けることで、簡潔でわかりやすく、質の高いコンテンツをつくることができます。

ここでは「そもそもWEBライティングって必要なの?」「SDS法とPREP法って何?どう使い分けたらいいの?」など、WEBライティングの基本について解説します!

【目次】

  1. WEBライティングとは
  2. WEBライティングが重要な理由
  3. WEBライティングとSEOの関係
  4. SDS法とPREP法を使った基本の文章構成
  5. SDS法とPREP法の違いと使い分け方
  6. まとめ

WEBライティングとは

WEBライティングとは、WEB上のユーザーが知りたい情報を提供するために、WEBサイトに掲載するコンテンツの構成や文章を作成することをいいます。
WEBライティングの基本構成には「SDS法」と「PREP法」というフレームワークがあります。これらを基に文章を構成することで、ユーザーが理解しやすく評価の高いWEBサイトにすることができます。

WEBライティングが重要な理由

WEBライティングは好きなことを好きなように書くだけではいけません。
書き方や構成を誤るとコンテンツの質が下がって検索エンジンの評価が落ち、検索順位が下がってしまうからです。

ユーザーは知りたい情報の答えを求めて検索エンジンを活用します。ユーザーの求める情報をすぐに得ることが出来ない文章構成のWEBサイトでは、ユーザーはすぐにページから離れてしまいます。

そのためWEBライティングは、多くのユーザーに評価されるWEBサイトを制作するうえで重要だといえます。

WEBライティングとSEOの関係

WEBライティングは、WEB上のユーザーに向けて文章を作成することをいいます。
ユーザーが満足するコンテンツを構成することで、WEBサイトの滞在時間が長くなったり、アクセス数が増えたりします。
Googleは、多くのユーザーに評価されるWEBサイトを評価します。そのため、ユーザーの求めるWEBライティングができることで検索順位を上げることができるのです。

SDS法とPREP法を使った基本の文章構成

多くのユーザーに評価されるためには、わかりやすく簡潔な文章であることが大切です。
そのために、SDS法とPREP法といったフレームワークを基に文章を作成します。

どちらも簡潔にわかりやすく伝えることができる構成ですが、内容によっては適切に使い分ける必要があります。

SDS法はより簡潔に要点を伝えたいときに

SDS法は、最初に「要点」から始まり、「詳細」を説明し、最後にもう一度「要点」を伝える順番で構成された方法です。
SDS法は、シンプルでありながら詳細(Details)に重点を置いた構成なので、簡潔にわかりやすく物事を伝えたいときに使用します。
そのため要点をすぐに理解できるニュースの構成などにも使用されています。

SDS-img.png

PREP法は説得力があり論理的に伝えたいとき

PREP法は、最初に「結論」から始まり、「理由」と具体的な「例」を説明して、最後にもう一度「結論」を伝える順番で構成された方法です。
SDS法と同じく簡潔な構成ではありますが、「理由」の後に「具体例」を入れることで、説得力があり論理的な文章にすることができます。

PREP-img.png

SDS法とPREP法の違いと使い分け方

SDS法とPREP法はともに、最初と最後に「結論」を組み込んでいます。 最初はユーザーの興味を引くために、最後はユーザーの記憶に残りやすくするために伝えます。

そんなSDS法とPREP法の違いは「重点をどこにおいて説明をしているか」です。
PREP法は「結論」に重点を置いており、結論を主張するときに適切な構成です。
一方SDS法は「詳細」に重点を置いているため、文章全体を理解してもらいたいときに適切な構成になります。

しかし、SDS法、PREP法ともに起承転結を表現したい場合や物語調の場合は適切ではありません。
何をユーザーに伝えたいかを考えたうえでSDS法、PERP法を使い分ける必要があります。

まとめ

だらだらと長い文章で結論がわからないコンテンツより、簡潔で理解しやすいコンテンツの方が「見てみよう」と思える人が多いと思います。
SDS法とPREP法を意識して文章を構成することは、ただ文章を作成するよりもひと手間かかるため少し大変だと思います。
しかしそのひと手間を加えることで、少しでも多くのユーザーに見てもらうことができるコンテンツにすることができます。

慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、効率よく文章を考えることができる方法でもあるので、是非マスターしましょう!

SEO対策記事一覧

関連記事

LET'S CONTACT!

  • LET'S CONTACT
  • まずは、お気軽にお問い合わせください!
    気軽に始めてみましょう!!
    不明点やご質問なども一緒に聞いていただけます!
  • LET'S CONTACT

お問い合わせ・お申込みはコチラ

お申込み頂いた方にはSEO・集客UPガイドブックをプレゼント!!

お申込み頂いた方にはSEO・集客UPガイドブックをプレゼント!!

pagetop

© 2021 ホームページ制作のChose(チョウズ) .