契約してはいけないリース契約のホームページ制作

web

ホームページ制作

Choseからの

ホームページ制作

契約してはいけないリース契約のホームページ制作

2021.01.25

最近はめっきり少なくなりましたが、ホームページをリース契約するWEB制作会社が結構ありました。

いまだにリース契約のホームページを営業しているところもあるようですが、ホームページをリース契約すると圧倒的にリスクが高いので契約してはなりません。

多くの契約は、支払終わって最終的に機材の所有権を得られるファイナンスリースではなく、借りるだけのオペレーティングリースで、支払いが終わっても自分のものにはなりません。

【リース契約のホームページのメリット】

  • 最初に大きな初期費用がなく負担感が少ない
  • 月々のリース料が経費に落ちる

 

【リース契約のホームページのデメリット】

  • 総額で考えると高額で割高なホームページになる
  • 途中解約できない(解約すると残額をリース会社へ返済しないといけない)
  • 支払いが終わっても所有権がない
  • WEB制作業者が倒産して、ホームページがなくなる可能性も

月々3万円だったとしても、5年契約のリースであれば総額180万円になります。
メンテナンスのサービスが込みだったとしても、仮に年間12万円のメンテナンス費用だったとして5年で60万円なので、120万円のホームページ制作費ということになります。

これだけの制作費を支払うのであれば、かなり充実したサイトを制作してもらうことが可能です。

また、リース契約ですのでサービスが不満で解約したくなっても解約することが出来ません。
解約しようとするなら、リース残高を一括でリース会社に支払うことになります。

WEB制作会社は、最初にリース会社から一括で代金を受け取っていますので解約されても何も損害はありませんし、むしろメンテナンスの作業が必要なくなるだけ有難いと思うかもしれません。

さらに5年のうちにWEB制作会社が倒産してしまって、サーバーやドメインが使えなくなってホームページが消失してしまう可能性もあります。
それでも、リース会社への支払いは残ってきます。

そもそも、すでにリース期間トータルの料金を受け取っているWEB制作会社が、手間暇かけて親身にホームページを活用できるように相談に乗ってくれるでしょうか?リース契約を提案してくる時点で、資金繰りが厳しいのではないか?悪徳のWEB制作会社ではないか?ということを疑いましょう。

 

サブスクリプションのWEB制作は大丈夫?

サブスクリプション型のホームページを展開しているホームページ業者も増えてきましたが、中には契約期間を2~3年に設定し途中解約の場合は違約金として制作費用相当を支払わないといけないという契約になっていることもあります。

もちろん、ホームページ制作業者側の立場で考えれば、非が無いにも関わらず万が一早期に解約になった場合、制作費用を回収できなければ大きな損害です。

ですが、成果が上がるかどうかわからないホームページだから初期費用に大きな金額を払うのが怖い!という中小企業様にとっては、解約した場合に大きな違約金が発生するというのでは精神的な負担が大きくなってきます。

そこでCHOSEでは、契約期間の縛りを無くして制作費無しのサブスクリプション型ホームページを提供しております。

ホームページをしっかり活用していただき、末永くお付き合いさせていただけるように共に成長していければと思います。

ホームページ制作記事一覧

関連記事

LET'S CONTACT!

  • LET'S CONTACT
  • まずは、お気軽にお問い合わせください!
    気軽に始めてみましょう!!
    不明点やご質問なども一緒に聞いていただけます!
  • LET'S CONTACT

お問い合わせ・お申込みはコチラ

お申込み頂いた方にはSEO・集客UPガイドブックをプレゼント!!

お申込み頂いた方にはSEO・集客UPガイドブックをプレゼント!!

pagetop

© 2021 Chose .