Wordpressをお勧めしない2つの理由

web

ホームページ制作

Choseからの

ホームページ制作

Wordpressをお勧めしない2つの理由

2021.01.28

世界でもっとも利用されているCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)といえば、WordPress(ワードプレス)です。

オープンソースのシステムで無料で利用でき、WEB上に多く公開されているプラグインというオプション機能のプログラムを目的に応じてダウンロードしてインストールすれば、超高機能なWEBサイトが簡単に作成できちゃうという優れものです。

WordPressをつかったホームページ制作をウリにしているWEB制作会社は沢山ありますし、CMS搭載のホームページというとWordPressというイメージさえあります。

そのためWordPressでホームページを作成してほしいという要望も多くいただきますが、CHOSEではよほどのことが無い限りオススメしていません

なぜ、これほどまでに世界で利用されている便利なCMSをお勧めしないのか、その理由は2つあります。

 

1.世界で最もハッカーの標的になりやすいホームページ

これはオープンソースの宿命ですが、インターネット上に全てのプログラムが公開されていますので、攻撃する側は仕組みを研究してセキュリティの穴を見つけて攻撃を仕掛けてきます。

世界で最も使われているシステムですから、攻撃するハッカーとしてはターゲットとして最適です。

もちろんセキュリティを高めるためのプラグインを導入するなど対策を施すことで安全性を高めることは可能ですが、狙われる可能性が高いシステムであることは間違いありません。

万が一ハッキングされてしまった場合にWEB制作会社その間で責任問題についてトラブルに発展することは確実です。

 

2.常に最新のバージョンにアップデートする管理ができるか

WordPress本体のプログラムは常に見直されて頻繁にバージョンアップがなされていきます。

それに合わせて、プラグインのプログラムについても修正がされてバージョンアップされます。

旧バージョンを使っていると、セキュリティホールがある状態で非常に危険なので、常に最新版を使うようにしなければなりません。

ですが、世の中のWordPressの多くはバージョンアップがされずに旧バージョンで危険な状態で利用されています

WP内の設定で自動的に最新版へ更新するようにできますが、バージョンアップによって不具合がでる可能性もありますし、インストールしたプラグインによってはWP本体のバージョンアップに対応されずに使えなくなるといったリスクも考えられますので、複雑にカスタマイズしているほど慎重に作業をしなければなりません。
ですので、こうしたバージョン管理もWEB制作会社がする場合は、メンテナンスの費用は結構高くなっているはずです。
それでなければ採算が取れないからです。

メンテナンス費用が安い場合は、おそらくバージョンアップのメンテは含まれず、旧バージョンのままの可能性が高くなります。

WordPressでつくってほしいという要望のお客様は費用を抑えたいというケースが多いので、メンテナンス契約は無しになっていることも多いかと思います。結局、お客様がバージョン管理するというのはかなりハードルが高くなってくるため放置されてしまいがちです。

これが、WordPressが旧バージョンで利用され続けている大きな理由ではないかと考えています。

WordPressでホームページを作る場合は、こうしたリスクを受け入れた上でご利用ください。

ホームページ制作記事一覧

関連記事

LET'S CONTACT!

  • LET'S CONTACT
  • まずは、お気軽にお問い合わせください!
    気軽に始めてみましょう!!
    不明点やご質問なども一緒に聞いていただけます!
  • LET'S CONTACT

お問い合わせ・お申込みはコチラ

お申込み頂いた方にはSEO・集客UPガイドブックをプレゼント!!

お申込み頂いた方にはSEO・集客UPガイドブックをプレゼント!!

pagetop

© 2021 Chose .